MENU

このブログについて

お知らせ

分析記事

散策記事

政策記事

お問い合わせ


愛知三大河川を勝手に決めてみる

みするー

みなさん、こんにちは。今回は愛知三大○○を勝手に決めるコーナーです。

さんちゃん

第1回は河川を取り上げるんですね。まず、日本三大河川を確認したいです。

みするー

日本三大河川は、利根川・信濃川・石狩川だよ。順序は違えど、長さ・流域面積でTOP3を占めている。納得の三大河川だね。

さんちゃん

なるほど。なかなか納得の顔ぶれです。筑後川は入っていないんですね。

みするー

筑後川は日本三大河川暴れ川に数えられているね。他に、利根川と吉野川が選ばれているよ。でも日本三大河川のどれかが急に枯れたら、筑後川が代わりに選ばれそうな気がする。まあ、あり得ない話だけど。笑

さんちゃん

日本三大河川は分かりましたけど、これの愛知県バージョンを決めるってことですよね。荒れそうな気もしますけど…。有力候補はどの辺りですか?

みするー

愛知三大河川の有力候補は、矢作川、豊川、庄内川、木曽川、天竜川、日光川、長良川、境川、五条川、天白川といったところかな。何か忘れてる河川はないかな?

さんちゃん

堀川や矢田川、乙川とかですか。でも河口までに他の大きな河川に合流しちゃいますけどね…。

みするー

その辺りも候補に入れて考えてみました。それでは、独断で選んだ愛知三大河川を紹介していきます。

Outline

木曽川

恵那峡は木曽川中流域

まずは木曽川を選出しました。岐阜県の印象が強い木曽川ですが、愛知県への影響力も凄いです。遥か昔、木曽川は現在の位置ではなく、犬山辺りからグチャグチャになりながら現在より南を幅広く流れていたようです。濃尾平野を形造った河川というだけでも木曽川の重要度は高いと判断しました。

もう1点、大きなポイントとしては、愛知用水の存在です。取水口が木曽川本流(岐阜県八百津町)にあります。愛知用水によって、尾張東部や知多半島は産業用水や生活用水で大きな恩恵を受けています。流域自治体にとどまらず、県内広く影響を与えていることを高く評価し、木曽川を愛知三大河川に選出しました。

関連:木曽川-ウィキペディア(Wikipedia)

矢作川

三河湖(矢作川水系巴川)

日本で50番目に長い河川で、長野、岐阜、愛知を流れています。都市に大河有りと言われますが、矢作川沿いには、愛知県を代表する大都市である豊田市と岡崎市があります。また、「日本のデンマーク」と呼ばれた安城市ですが、その立役者は明治用水。そしてその明治用水は、矢作川の水です。

河口が愛知県にある河川の中では最も長い(木曽三川は三重県が河口、天竜川は静岡県が河口)。したがって、庄内川や境川、豊川よりも長いということになります。

関連:矢作川-ウィキペディア (Wikipedia)

庄内川

小里川ダム(庄内川水系小里川)

岐阜県内を流れる時は「土岐川」と呼ばれている河川です。新川、矢田川、瀬戸川など県内で高い知名度を誇る河川を支流に持ちます。また、庄内川の歴史は洪水との戦いの歴史でもあります。2000年の東海豪雨では、新川が決壊し、3万棟を超える家屋に被害をもたらしました。流域人口が多いという点も、愛知三大河川の選出時に注目したポイントです。

四大河川であれば迷うことは無かったのですが、三大河川だと庄内川・豊川のどちらかを外す必要があり、とても悩みました。岐阜県部分込みではありますが、庄内川のほうが長さ・流域面積が豊川を上回っていたこと、愛知県のプライメイトシティである名古屋市の存在を考慮し、庄内川を選出しました。

関連:庄内川-ウィキペディア (Wikipedia)

まとめ・感想

みするー

最終的に選出したのは、木曽川・矢作川・庄内川でした。豊川が一番惜しかったですが、東三河地方では絶対的な存在感があります。

さんちゃん

豊川の水は渥美半島でも利用されているんですよね。

みするー

そうなんだよ。水が足りないときは、天竜川水系の佐久間ダムから水をもらっているみたい。

さんちゃん

そういえば、天竜川も選出外になったんですよね。長さ日本9位、流域面積は12位の大河川ですよ。良かったんですか?

みするー

中部地方三大河川だったら間違いなく選んでるね。木曽川・天竜川・信濃川かな。今回は愛知県っていう縛りがあるから、もちろん影響はかなりあるけど、選出まではしなかったかな。

さんちゃん

とは言え佐久間発電所の電気は春日井市の名古屋変電所まで来ていますけどね。河川って、流れている場所だけじゃなくて、用水や発電などで離れた場所へも大きく影響を与えていますね。

さんママ

また一つ賢くなったね!さんちゃん!

地理ジャンルで参加中です

Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Writer

Comments

コメントする

Outline